独学の学習法のコツ⑤ 問題集の使い方

〇問題集は避けて通れない
社会保険労務士の受験勉強に、問題集は欠かせません。
特に過去問題集は、直近5年分くらいはやっておいた方がよいでしょう。

問題集を解く効果としては、
①インプットした知識を確認・定着させる
②本試験の出題のされ方に慣れる

といったことがあげられます。

問題集を繰り返すことでインプットした知識は定着し、出題方式に慣れておくことで、緊張を余儀なくされる本試験でも、戸惑わずに解答できるようになるでしょう。

〇問題集はいつから始める?
学習序盤からいきなり問題集を使い始めても、大半の人は何が何だかわからないと思います。
知識のインプットができていないのですから、それで当然です。
この状態で問題集を解いても、当てずっぽうにならざるを得ませんから、ある意味、時間の無駄だとすら言えます。

問題集を使い始めるのは、テキスト全体の把握が終わってからです。
まずテキストをざっと読み通して全体を理解した後に、問題集をやり始めるのがよいと思われます。
問題集で疑問に思った箇所は、必ずテキストで確認していきましょう。

〇問題集も繰り返す
テキストは繰り返し読み込むものですが、問題集も同様です。

問題集の場合、
一度目に解くときは、通常の択一式の解き方(正解肢または誤肢を選ぶ)をし、
二度目に解くときは、一つ一つの選択肢について、詳しく検討しながら解きます。


択一式問題には、誤肢と正解肢がありますが、
誤肢について、「なぜこれが誤肢なのか」「どの言葉が違っているから誤肢なのか」を、書き出していくとよいでしょう。

〇選択肢はていねいに読む
そして問題文の選択肢は、一語一語、ていねいに読んでいくのが正解のコツとも言えます。
誤肢には何らかの間違いが隠されていますが、流し読みをすると、その間違いを読み飛ばしてしまうことがあります。

ですから、テキストを読むときも同じですが、問題文を読むときも、落ち着いて一語一語、精緻に読む訓練をしておいてください。